必要なものを、必要な分だけ
必要なものを、必要な分だけ
ORDER PRODUCTION

イントレチャート トートバッグ

OGIN-002
OGIN-002
OGIN-002
OGIN-002
OGIN-002
  • OGIN-002
  • OGIN-002
  • OGIN-002
  • OGIN-002
  • OGIN-002
  • イントレチャートのコットントートバッグで南三陸に桜を咲かそう!【LOOM NIPPON×ORGABITS】

  • オーガニックコットン普及プロジェクトブランド「ORGABITS」

    「ORGABITS(オーガビッツ)」 は、みんなで“ちょっと(bits)”ずつ地球環境や生産者に貢献しようという想いから、2005年に始まったオーガニックコットン普及プロジェクトブランド。

    オーガニックコットンが使用・普及されやすくなるように、オーガニックコットンの使用量100%にこだわらずオーガニックコットン10%の商品を100倍の人に届けるという「逆転の発想」で、現在までに約130を超えるファッションブランドが参加、累計930万点以上のアイテムを生産しています。

    活動はオーガニックコットン原産国農家やNPO法人の支援へと拡大し、一枚の服を通して日常的に参加出来る社会貢献活動としての輪も拡がっています。

    今回は南三陸町と共に2つのプロジェクトを行う「LOOM NIPPON」様との共同企画で、商品1点につき、100円がLOOM NIPPON様に寄付されます。
    イントレチャート トートバッグ
  • LOOM NIPPON。郷土愛によって南三陸町と共に桜とバッグを生み出す人々。

    LOOM NIPPONは南三陸町の方々と共に復興を支えるお役に立ちたいという想いから発足した一般社団法人です。

    私たちには2つのプロジェクトがあります。
     
    一つは、東日本大震災の年に生まれた子供たちが成人となる2031年までに3000本の桜を植え、
    「南三陸を東北一の桜の名所にしたい」
    という願いから生まれた活動「桜プロジェクト」です。

    もう一つは、「南三陸町にいつかファッション産業を」という願いから生まれた「made in 南三陸」による「LOOMバッグ」のものづくり活動です。
     
    それぞれのプロジェクトが南三陸の方々と我々の「KIBOU」から生まれた活動です。

    LOOMという団体名は「Love Of Our Motherland」の頭文字の意味。
    代表である加賀美由加里の「愛する故郷の復興をお手伝いしたい」というエモーションから名付けられました。
     
    また、「LOOM」という言葉には「織り機」という意味もあります。世代を超えて伝わる歴史という「経糸」と、現代を生きる私たちの繋がりという「緯糸」で、愛のタペストリーを織っていきたいという想いも込めています。

    我々LOOM NIPPONは、世代を超えた人々の想いとエモーションによって成り立っています。
    イントレチャート トートバッグ
  • made in 南三陸、LOOMバッグが生まれるまで

    復興の希望と鎮魂の象徴となる桜を植えることと同時に加賀美様が成し遂げたかったのが南三陸町に雇用を生み出すための手段としてファッションを使うこと。
    そのためにどうしても南三陸町でファッションの象徴ともいえるバッグを生産したい想いがありました。しかし、南三陸町は水産業が盛んな町でバッグを作れる工場はなかなか見つかりませんでした。
     
    そんな中、アストロテックという会社が手を挙げてくださった。アストロテック様は当時バッグ作りの経験など一切無く、電子部品しか作ったことが無かったにもかかわらず。
     
    そこで大変尽力してくださったのが東京のバッグ製造卸を行う株式会社ヤマニ様。
    技術者の方を派遣し、技術指導をしてくださっただけにとどまらず、倒産したバッグ工場の設備を買い取ったヤマニ様が、まるごとアストロテック様に差し上げると申し出てくださった。
     
    ただ、アストロテック様はこれを丁重にお断りしました。
    「一時的に震災の被害から逃れるのではなく、バッグメーカーとして独り立ちしたいのです。なので、設備は購入をさせてください」と。
    アストロテック様とヤマニ様の情熱によってLOOMバッグは誕生しました。

    LOOMバッグのデザインは3.11の風景の色からなります。青(海と空)、白(雪)、ピンク(桜)、金と銀(星)、黒(津波)。LOOMバッグは毎年生産をしていますが、初回のものは上皇后美智子様が南三陸に行幸される際にもご使用いただきました。

    こうしたLOOMバッグにインスピレーションを受けて、ORGABITSではコットンテープを使用した生成のイントレチャートバッグの生産に至りました。もちろん今回のORGABITSイントレチャートバッグも、ヤマニ様、アストロテック様によって生産していただいています。
    イントレチャート トートバッグ
  • 地球と社会に「ちょっと」いい、ORGABITSイントレチャートバッグ

    イントレチャートとは、「編まれた」という意味に由来する手編みのバッグを主に指します。

    革のバッグと結びつくことが多いですが、こちらはコットンのテープを編み上げて作ったイントレチャートのトートバッグです。

    イントレチャートには、表生地に切り込みを入れて、そこにテープを差し込んでいる作り方もありますが、こちらはテープを互い違いに交差させて編み上げています。しかもぐるりと継ぎ目なく全体を編んでいますので、テープの光沢感がより強調されて、生成り一色にもかかわらず、つややかな陰影が生まれています。

    また、バッグの持ち手と内側生地には環境、社会に優しいオーガニックコットンの生地を使っていますので、デザイン性だけではなく、サステナビリティ性も持ち合わせている商品です。

    バッグの口にはマグネットボタンが付いていますので、大事な荷物を入れても安心です。内側にはファスナーポケットもあり、小物の収納に便利な仕様。持ち手は長めの仕様なので、手に持つことも肩に掛けることもできる2WAYです。

    大容量サイズですので通勤はもちろん、お出かけの際の荷物も収納できます。
    イントレチャート トートバッグ
  • 私達の想い、ご購入様へのメッセージ

    ORGABITSは地球環境と社会のためにみんなとちょっと良いことに取り組むプロジェクトブランドです。
     
    今回のイントレチャートサコッシュがコットンの生産者のことや、南三陸町のことを皆様が考えるきっかけになれば大変嬉しく思います。
     
    ファッションを楽しみながら、「ちょっと」だけ色々なことを想像してみませんか?
    イントレチャート トートバッグ
お届け予定時期
5月下旬
販売終了まで
終了しました