必要なものを、必要な分だけ
必要なものを、必要な分だけ

Secondhand Shop

Pre-LOVED Interview

Pre-LOVED Interview

April 5,2022
April 5,2022

Secondhand Shop : Pre -LOVED

おしゃれのプロたちの愛用アイテムを受け継ぎ、売り上げを社会に還元するCirculation(循環)をテーマにしたECショップ Pre-LOVED。愛用アイテムについて、これからのファッションについてなどインタビューは随時更新!

“小さなことばかりだけど、自分の身の回りで気になったことから少しずつでも長く取り掛かることが大切だと思っています。 ”

― 今回出品頂いた中で、特にお気に入りだったアイテムをエピソードとともに教えてください。

< ラルフローレンのパッチワーク デニム >

20代前半、当時は今よりボーイッシュな格好をしていて、このデニムはお気に入りでした。ちょうど乗馬を始めたタイミングで、乗馬のウェアやモチーフを使っているラルフローレンがお気に入りでこのデニム以外にもよく着ていました。

< ZARA フラワープリントワンピース >

ファストファッションのアイテムは、もちろん1年で着なくなるものもあるけれど、大切にすれば長く着られるものもたくさんあって。このワンピースもかなり前に手に入れたものですが、ずっと大切に着ていました。

― このサイトは、循環をテーマにしていますが、循環というワードで、何か思いつくことや意識していることはありますか?

ファッションの循環では、真っ先にビンテージショップ、スリフトショップなどが思い浮かびます。古着は元々大好きで、国内はもちろん、海外では必ずチェックしてスタイリングにもよく取り入れています。元々自分で服を捨てることはなく、不要になったものは人にあげたり寄付をしたりしていました。でも先日、こうした世界中から寄付された大量の洋服たちに引き取り手がなく行き場を失っているということ、そして焼却処分するにもお金がかかるということが各国で問題になっていると知りショックを受けました。寄付した時点で、自分の手を離れて解決するわけじゃない。自分が寄付した服が最終的にどこにどう渡って、誰のためになるのか、しっかり知ろうとすることの大切さを感じています。

服だけでなく食べ物を選ぶ際にも、これは誰がどのように育てたものか、考えます。特に命ある生き物をいただく時には、極力トレーサビリティが明確なものを選んだ上、感謝して残さず全ていただくことも大切にしたいと思っております。

 
 
 

― サステナビリティという面で、日常生活で意識していることはありますか?

小さなことですが、自分の身の回りの環境や日常生活に関係することから取り組んでいます。まずペットボトルや、シングルユースのプラスチックはなるべく使わないよう心がけています。マイクロプラスチックは自然環境や海洋生物だけの問題でなく、人間の体内へ蓄積されることの影響も怖いですし。エコバッグを持ち歩くのはもう日常で当たり前のことになりました。

他には、私は乗馬をするので、乗馬施設でふれあう馬たちの余生がとても気になっていました。高齢や怪我が理由で働けなくなった馬の余生を支えるために使われる「TCCみらい基金」へ、定期的に寄付しています。小さなことばかりだけど、自分の身の回りで気になったことから少しずつでも長く取り掛かることが大切だと思っています。

― 乗馬を始めたきっかけは?

20代になったばかりの頃、自分がこれから何をしていこうかすごく迷っていて。とにかくいろんなことに挑戦して資格をとりました。運転免許、ダイエット検定や、着付けの勉強をしたり……。乗馬もその流れで資格を取りました。小さい頃、主に海外で乗馬をした経験はあったのですが、大人になってもう一度本格的にチャレンジしたくて。努力してとった資格たちは、仕事にもそうですがプライベートの交流の場という点でもメリットを感じています。

― スタイルやスキンケアなど、美をキープするために気をつけていらっしゃることは?

運動はいつも意識しています。乗馬や、定期的にパーソナルトレーニングを受けたりウォーキングしたりもします。でも、ジムやどこかに行って運動の時間を作る、というよりは日々のちょっとした合間に運動を取り入れることが多いです。関西人だからでしょうか、効率重視タイプなのです。例えば1駅歩くとか、エレベーターを使わずに階段を登るとか、日々の行動の延長線上の合間運動を積み重ねています。

あとスキンケアには時間をかけています。日焼けと摩擦は厳禁。ダイエットは、食事制限をすると必ずリバウンドをしてしまうタイプなので、日々バランスよく我慢しすぎないことを意識しています。

― スタイリングで気をつけていることは何かありますか?

コーディネートに使うのは3つの色まで。あと、コーディネートの主役アイテムを決めて、それを軸に他のアイテムを決めていくようなイメージで。シルエットは、コーディネートの中にどこか体の細い部分をみせるようにすることなどを心がけています。

― 今後の展望や目標などがあれば教えてください。

現在、テレビ朝日「気づきの扉」という番組でナレーションを担当させて頂いているのですが、ナレーションというお事はすごく楽しいので続けたいです。他にはアパレルのお仕事をしていますが、去年東京でポップアップを行った際に、お客さんと触れ合う機会があってすごく楽しかったので、次回は大阪でポップアップを行いたいです。

今回、神向 ふき さんに出品頂いたアイテムの売り上げは、全額世界中に清潔な飲用水、そして衛生設備を提供する非営利団体ウォーターエイドに寄付頂きます。

神向 ふき さん

1994年生まれのモデル。日本一のミスを決める『Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST』にてファイナリスト進出を機に芸能活動を開始。

ドメスティックブランドはもちろん、American Apparel, TOMMY HILFIGER, ESCADA などの海外ファションブランドや各ファッション雑誌でモデルとして活躍。

現在ではモデル業と並行して女優としても活躍の場を広げている。

2021年10月より、EX「気づきの扉」にて芦田愛菜さんの後任としてナレーションを担当中。

@fukicammy_official (神向 ふき さんのInstagram)

神向 ふきさんのアイテム

RECOMMEND